いきものがかり よっちゃんのつぶやき
 

New Album
『My song Your song』

2008年12月24日発売
ESCL-3146/¥3,059(税込)

【収録曲】
1.プラネタリウム
2.気まぐれロマンティック
3.ブルーバード
4.スパイス・マジック
5.かげぼうし
6.帰りたくなったよ
7.message
8.Happy Smile Again
9.くちづけ
10.僕はここにいる
11.プギウギ
12.幻
13.心の花を咲かせよう
[bonus track]
14.帰りたくなったよ
-acoustic version-
この作品を購入する
<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
よっちゃんのつぶやき245

「水野さん、ツアーも終わったので、ゆっくり減量に励んでくださいね。」









…って目覚ましテレビで言われちゃったら、励むしかないでしょう(笑)

ありがとうございます(笑)












無事、ツアー終わりました。


各会場に来てくれたみなさん、本当にありがとう。

来れなかったみなさん、次はぜひ!






さあ、また始まります。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-26 20:56
よっちゃんのつぶやき244


明日で終わり…






また明日で始まる…

















…とか、かっこつけてもしょうがないので。




いざ、もう1本。



よろしくお願いします。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-24 23:41
よっちゃんのつぶやき243

厚木。








いつも、ここではいいライブをしなきゃって、すげぇ気負うんだよ。








地元だから、ぜったい失敗できねぇって。







そう思ってステージにたつんだけど。








やっぱり失敗するんだよ(笑)









しかも普段だったらぜったい間違わないような曲の、間違わないような箇所で。







そこで、いつも思うの。








自分は、まだまだだって。






まだまだって、そりゃあたりまえなんだけど。





演奏もへたくそだし、たいしていい曲もつくれていないし、そりゃまだまだなのは、ほんとあたりまえなんだが。






そのあたりまえのことを、他のどの場所でライブをするときよりも深く強く感じさせてくれるのが地元。




リセットさせてくれるのが地元。




背中を叩かれている感じがしたよ。












明日から渋谷3公演。





不思議とさびしい感じはしないや。






いや、まだ寂しがる段階にはないのかもな。





走る、走る。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-22 00:51
よっちゃんのつぶやき242

山梨。





意外にも、ツアーでは初めて。






いや、ほんと信玄もちが大好きなんだって!!







ほんとなんだって!!!








信じて(笑)!!









旅が終わったなという感じ。







残すところは厚木と渋谷。








久しぶりに東京に帰ってきて、メシを食いに近所をぶらぶらしていたら、「あれ?ここラーメン屋じゃなかったっけ?」「あれ、こんなところに携帯ショップなんてあったっけ?」と、かなりの数の店がつぶれてたりorできてたり。






入れ替わりの激しい街だな、東京は。





1年いなかったら、全然、ちがう街になっているんじゃないか?





海老名なんて、なんでここの店やっていけるんだろうって不思議な飲食店がたくさんだよ(笑)







逆に言えば新陳代謝がいいのかもしれんが。


400年も前からある大都市、江戸東京。

日本の家ってさ、紙と木で、出来てたじゃん。だから、よく燃えるんだよ。しかも土地狭いのに人口多いから、家が密集してて、簡単に燃え移る。

1軒の家の火事が、あっという間に街1個分燃やしちゃうんだ。



だから時代劇に出てくる”火消し”さんたちって、あれみんな大工さんみたいなもんでさ。


水かけて火を消すなんてことはしないんだよ。



なにしてたって、とにかくみんなで家をぶっ壊してたんだよ。

火事になった家のとなり近所の家をぶっ壊してた、それ以上火事が広まらないように。





地震、雷、火事、おやじってさ。よく言ったもんで。


だから世界の街にくらべて、”街並”や”景観”がないって言われるんだけど、あたりまえで。

どんどん壊して、どんどんつくられていくから、街が生きているみたいに動いていく。


破壊と創造(笑)

そうやって発展してきた、江戸は。









…ってどっかの授業で習った気がする(笑)







ま、うちの近所のメシ屋の入れ替わりの激しさと、江戸の発展過程にはなんの関係もないだろうけど(笑)





結局、あのラーメン屋、一度も食べることなく、つぶれちまったなぁ。行っておけばよかった。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-18 12:31
よっちゃんのつぶやき241

名古屋。





合計3回あったんだな、名古屋ライブは。





追加公演は大ホールで。







4階席まであって、ステージから見上げる感じだった。






初回のツアーから行っている場所は、まだお客さんが全然集まらなかった頃の記憶があるから、いつも感慨深いし、うれしいよ。





名古屋もまさにそうでさ、追加公演をやらせてもらえるのもありがたい。









今日は山梨にてライブ。








約2ヶ月半に及ぶビジネスホテル巡りも、昨日の夜が最後(笑)






山梨でライブやったら、あとは地元厚木と、渋谷を残すのみだからね。







いろんなビジネスホテルに泊まったから、どんな枕でも寝れちゃうよ(笑)









旅ももうそろそろ終わる。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-16 12:12
よっちゃんのつぶやき240


静岡。





吉岡と水野は生まれた場所だからね。






なんか、地元感を勝手に感じているというか。






すごいリラックスしてライブをやらせてもらった感覚があったかな。







静岡のひとたちは、やさしいからね。







思い込みだと言われても、かまわん(笑)俺はそう思ってる。









それにしても、うなぎパイってのは、うめぇな。

小さい頃から食べてるけど、飽きやしない。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-14 11:12
よっちゃんのつぶやき239

大阪。

2days。




大阪厚生年金会館って会場も広いんだけどステージが広くてさ。

オケピのところをつぶしてステージにしているから、前っつらがとっても広々してて。

ちょっと戸惑った(笑)



後半から広いところでのびのびと弾くのが気持ち良くなったけど。




ライブの最後のほうでさ、一番前に座ってた親子連れが、寄り添って聞いててくれて。


お母さんが、娘さんの肩をちょっと抱き寄せる感じでさ。





あぁ、このひとたちのためには、なってんじゃねぇかな、自分らの曲は。

…って思えたら、とてもうれしくてね。ありがたかったよ。






明日は静岡。



なにを隠そう、生まれは静岡ですから、僕。


育ちは東京&神奈川だけど。







あと7本だよ。やべぇな、カウントダウンが始まってきた。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-11 23:40
よっちゃんのつぶやき238

昨日、NHKで合唱の番組が放送されました。





「YELL」を唄ってもらう中学生たちに、直接、会いに行きました。





お邪魔した学校のうちのひとつ、島根県の出雲一中は、たまたま穂尊のお母さんの母校だったらしいんだよね。

穂尊も行ってから気付いたらしいんだけど(笑)

すごい偶然。


縁だね。



出会った中学生たちは、みんな素直で。

なんだか理由も無いのにこっちが申し訳なくなるくらいまっすぐでさ(笑)



自分とか、もっとひねくれた中学生だったと思うんだけどなぁ。


彼らが唄ってくれた「YELL」には感動させられました。







番組のなかでも話してたけど。






「YELL」に関しては、作者としての僕の個人的な思い入れとかは、ほんとどうでもよくて。



「作者がどのような想いでこの曲を作ったか」ということよりも「自分がどのような想いを乗せてこの曲を歌うか」ってことを考えてもらうことのほうが、ずっと大事なことだと思うんだよね。




自分が大切にしている仲間との別れであったり、自分が今答えが見つからず悩んでいることであったり、歌ってくれるあなた自身が、思っていること、考えていることを、「YELL」という曲につなげて、リンクさせて歌ってくれたら、たぶんそれがいちばんいいんだと思う。


そうすれば、その「YELL」は、そのひとたちだけにしか歌えない「YELL」になるので。




なんか曲の歌詞について、すごく真面目に考えて悩んでくれている中学生のひとたちに直接会えたので、そんなことを書いておいたほうがいいかなと思ったんだよね。








言ってしまえば「作者の想い」というものが仮にあるとすれば、「YELL」が歌ってくれるひと自身の個人的な思い出だったり、感情だったりに重なって、そのひとにとって”特別なもの”になること。そうなってくれたらいいな、というのがそれ以上でもそれ以下でもない、作者としての想いかな。


ひとり暮らしのせまい部屋でつくった曲がさ、全国で頑張っているたくさんの中学生たちそれぞれの”特別なもの”になるなんて、それ以上うれしいことなんてないよ。


たったひとりにとっての”特別なもの”だったものが、数えきれないくらいのたくさんの”ひとり”にとっての”特別なもの”になる。



僕は、”ポップ”とは、そういうことなんだと思う。



僕は、”ポップソング”とは、そういうものであるべきなんだと思う。







全国の中学生のみなさん、頑張って!!


「YELL」を歌ってくれてありがとう!!



君たちにしか歌えない「YELL」をがっつり歌いきってください!!
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-08 13:38
よっちゃんのつぶやき237

徳島。






去年、初めてツアーで徳島を訪れたとき、その怒濤の盛り上がりっぷりに本当に驚かされたものでした。





阿波踊りの徳島。初めて、県民性ってあるのかもって思ったんだよね。






MCでも言ったけど、去年はステージの真ん前にマダム3人組がいてさ(笑)





見た感じ、子連れではないようなんだよね。
マダム3人で、いきものがかりのライブを見に来てくれてる感じ。




マダムすごい盛り上がりで(笑)






あまりに印象的だったもんだから、その話を今回の会場でして。







あはは、すごかったよねぇ、なんて話をしたあと。








次の曲で上手側のステージに走っていったら、5列目くらいのところにすっげぇテンションたかいマダムが3人(笑)






なぜか、自分たちを指差してどうやら口の動きは「わたし!わたし!」(笑)




あぁ!!見たことある、このひとたちみたいな!!





毎度、ありがとうございます(笑)






相変わらず、徳島のひとたちの盛り上がりっぷりにはライブをやっている僕らのほうが勇気づけられました。ありがとう。









うわぁ、ライブ、あと9本だよ。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-08 13:02
よっちゃんのつぶやき236

岡山。






岡山はデビュー当時からよく訪れていて。


ツアーで行くのは3回目かな。




岡山市民会館、でかいよね。


実際の座席数にくらべて、大きく見える会場だったなぁ。奥行きがあってさ。天井も高いし。





岡山のみなさんは、毎回変わらず。いつも熱い。





はじめて岡山きたときは駅のなかのイルカの噴水の前でライブやったんだよね(笑)


そんときもアコースティックだったのに、女子高生とかすごい盛り上がってくれたの覚えてる。






HANABIとかを出すか出さないかぐらいのときかな。SAKURAが出たばっかの頃。


懐かしい。


何回も行けるってことはありがたいことやね。






今日は移動日でさ、徳島のどっかでグランドを予約してみんなで草野球するつもりだったんだけど(笑)


まさかの雨天中止!!


残念!!!



野球やりてぇ〜なぁ。
[PR]
by ikimonogakari2 | 2009-05-06 00:28